ザ・ストーリー ロバート・マッキー

面白い! ストーリーを作るためにベーシックの本

 

面白い!ぐいぐい引き込まれる。コンテンツ制作や営業トークなど、すべてにおいて、ストーリーは必要だ。それを学ぶのに一番プリミティブな本だと思う。

 

映画の各要素がすべて分解され、どうすれば良い映画となるのか、原則は何かがわかる。 この本をベースにしてコンテンツ制作系の本を読むとより深いレベルで分かった上で書けるので、他の人に差をつけることができる。

 

実際、演劇の鑑賞会という2ケ月に一回演劇を観る会に入っているが、この本を4日ほどで読んだあとで、1週間ほど前にみた演劇について論評しみた。すると、そこの会に20年以上入っている人が驚かれた。

 

例えば、演劇の本筋に入っていく導入部が目で見てわかるような背景の設定で語る部分が自然でない。途中の話の展開の進みが悪すぎてアクション不足で退屈してしまうなどです。

 

また、いろんなダイレクト出版さんの本を読んでいるがその中でもストーリーの必然性は書かれているが、どう書くべきかの技術に関して十分書いてある本があまりなかった。

 

ですから、まさにこの本がドンピシャリで当たった。友人に紹介したら、彼も感激して、とても喜んでいた。